<最近の記事>


2017年08月11日

香典の返礼品も、今やカタログギフトから選ぶ時代に、なるほど。

随分昔の話、結婚披露宴の引き出物にカタログギフトから自分の好きな品を選べるようになっていたのに驚いた記憶があるものの、今回は、香典のお返しにも、このカタログギフトが利用されているのを知って、まぁ当然かと思ってしまった話。


遠い親戚に香典を送っていた所、先日、突然送られて来た宅急便、中には、菓子折りと、のしの印刷された包み紙で包まれたlこれも菓子折り? タオル?と思うような薄い箱状の品。

包みを開けると、こんな立派な表紙のカタログが!!
P8110301.JPG
これを見て、直ぐに、へぇ 香典の返礼品もカタログから選ぶ時代か! と思った次第。
もちろん今はネット全盛の時代、このカタログから選ぶ引き出物や返礼品のシステムが、当初から進化していたのは、ハガキを送って注文に加えて、スマホやPCを使えば、ネットから直ぐに依頼が出来るようになった点。

この香典の返礼品のギフトカタログ、きっとかなり以前よりあったサービスなのでしょうが、実際に自分の手元に届いてみると、やはり良い方法に思えてしまいます。
今回の『心日和』と書かれたカタログ、調べると次のような会社が運営、抜粋して記載してみます。

社名:株式会社たき新
所在地:京都府亀岡市追分町薮ノ下 25-10
電話番号や連絡先はコチラ アクセスはコチラ
設立年月日:昭和59年10月 (創業昭和42年8月)
代表者:梶田裕幸
資本金:35,000,000円
従業員:19名
事業内容:ネットショップ運営(お返し専門店)
・実店舗運営
・香典返し訪問販売
ウェブサイト ネットショップ本店:http://www.takisin.jp/
商材募集 取り扱う商品を幅広く募集しております。

わずか19名の従業員で、実店舗も運営しながら、これだけのカタログの商品を扱っているのは、ネットの力と、発送業務などは委託するシステムなどして運営していると思われるものの、やる気があれば出来る時代を感じさせます。


カタログを早速開いてみると、実質的には高額な商品では無いのでしょうが、バラエティに富んだ多くの品の中から選ぶのは楽しいものです。これなら法要後では渡せ無い品でも選択幅が広がって喜ばれるでしょう。
P8110302.JPG

P8110309.JPG

P8110310.JPG

P8110303.JPG

P8110306.JPG

P8110305.JPG

P8110307.JPG

P8110304.JPG

P8110308.JPG

P8110311.JPG

P8110320.JPG

P8110319.JPG

P8110318.JPG

P8110315.JPG

P8110317.JPG

P8110312.JPG

P8110313.JPG

P8110316.JPG

P8110314.JPG

スポンサードリンク


posted by これ!使おう at 22:30 | 再発見・再認識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページのトップへ戻る


< お昼寝中なの・・・
sumaho.JPG
<娘は夢の中>