<最近の記事>


2016年07月25日

大規模修繕工事の際の、ちょっとした住人のメリット

同じ集合住宅に永く住んでいると、必ずやって来るのが大規模修繕工事。”永く住んでいると”と書いたのは長期の周期でやって来る為。

その大規模修繕工事の周期、、昔の公団であるURだと、大規模修繕の際にはメインの工事内容となるだろう外壁塗装などの修繕周期が「18年以上経過したもの・・・」に設定されているのに、民間マンションの大規模修繕工事周期は、少し前までは15年と言われていた筈なのに、昨今は12年となっていると聞いて、あまりに短期過ぎる傾向が常態化していないか?と不満。

大規模修繕工事周期12年て
その不満の理由と言うのは、工事周期が短くなると、修繕積立て額が追い付かず、毎月の修繕積立金を高めに設定する必要も出て来ると言う事。

この大規模修繕工事に関しては、機会を見て記事にするとして、今回の内容は、どうでもいいよ! と言われそうな、「大規模修繕工事の際の、住人のメリット」 それも ちょっとした。これって聞く人によっては、今住んでるマンションに近々大規模修繕工事予定がある人にとってはは、きっとニンマリしてしまうお話です。


キレイになったけど12年後工事です、よろしく!



昔はどの自治体でも、おそらくゴミ出しは無料、ゴミ袋は黒い10枚、20枚入って100円とか。

おまけに粗大ゴミだって、出し放題の頃があった、まさに夢のような時代があった。

冷蔵庫だって、洗濯機だって、ベットだって・・・・


今年、その大規模修繕工事の行われた、今住んでるマンション。
「大規模しゅうぜんこうじ!この間したばかりじゃなかったっけ?」と調べると、なんとその周期、約11年。
幾らなんでも早過ぎない? と思う間もなく、半年で完了! 相当にキレイになりました。
(不満を言ってる本人の住むマンションが12年周期の毒牙に掛かっていた)

今回の工事が始まる前、前回の時の、そのちょっとしたメリットを すっかり忘れていたけれど、今回もそのメリットの恩恵を受ける事が出来て、かなり良かったのでご紹介。(やっと本題です)

そのメリットと言うのは

部屋中の細々としたゴミを無料で捨てれた事。もちろんリサイクル法でダメな電気製品、自治体が回収するタンスのような大型粗大ゴミは別として、それ以外は 今回もすべて捨てる事が出来て、部屋の中はすっきり。

なんで捨てれるの?
マンションの大規模修繕工事となると、職人さんが毎日使う資材の量は相当なもので、それに合わせるように、沢山のゴミも出るので、どのマンションにも、こんなゴミ箱が用意される。

例えばパイプ枠に袋をセットしたような、こんなゴミ箱
P7245726.JPG

このゴミ箱、大規模修繕の際には「ベランダなど片付ける必要があるので、不要なモノは 捨てて頂いて構いません」と工事会社の計らないで、今回も利用出来る事に、ラッキー!

そうなると、どの家の人達も、これでもか!と言う程、じゃんじゃんゴミ出しをする。工事会社としては想定内なのか特段クレームも無く結果オーライ。

この写真、実は街中で見かけた単身者用マンションの大規模修繕工事で見掛けたゴミ箱。
P7245724.JPG

よ〜く見ると、ゴミ箱の右手(赤丸の中)、これ持って行ってと言わんばかりに置かれた14型のブラウン管テレビ。



この2016年においてさへブラウン管テレビを捨てる人が居る・・・これってどの家にも捨てたいけど、捨てられて無い潜在的な粗大ゴミが家の中に相当量あると推察。

ここで注意点

●大規模マンションで実施すると、出されるゴミの量も半端無い為、必ずしも工事会社がゴミ捨てをOKにするとは限りません。

●これは、工事会社の好意によるものの為、中規模、小規模マンションでも必ずゴミ捨てOKになるとは限りません。

●ゴミ箱に入らないような大きなモノ(ベットのマットレスなど)を、ゴミ箱周辺に置いていた人もいるそうです、常識の範疇で捨てるようにしましょう。

スポンサードリンク


posted by これ!使おう at 20:36 | マンションのあれこれ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページのトップへ戻る


< お昼寝中なの・・・
sumaho.JPG
<娘は夢の中>