2017年03月05日

わずか300円で自作する、犬・猫ペットの抜け毛のお悩み解消グッズ

家の中でペットを飼う事を嫌いな理由に、抜け毛と言う方も多いでしょう。
愛犬家、愛猫家はペットの毛も、その一部と諦めて暮らしている分けで、それでも日々の抜け毛の掃除には手を焼いているのが現状です。

もうひとつの問題は来客のある場合、そのお客が犬好き、猫好きなら良いのですが、そうでなければ、抜け毛の落ちた床や、毛の付いたソファなどの見た目には気を使いますし、食事をして貰う時にはなお更です。
P6105225.JPG

この対策として、抜ける前の抜けそうな毛、体に浮いたようになった状態の毛を、ブラッシングして落とし、掃除機で掃除するわけですが、これは脱衣場などを閉め切ってやらないと、部屋中が大変な事になります。この作業、夏場なら汗だくになる大仕事です。

そこで、ブラッシングをすると同時に毛を吸い込むグッズがあると以前何かで見た事があるのですが、あまり安いイメージが無かったので、自作してみました。

利用したのはホームセンターなどで見かける、 こんな掃除機に取り付けるT字のノズル。
写真はニトリさんで売られている、掃除機用ノズル(ダニッコスイスイ)
商品コード: 8580472、189円(税別)204円(税込)
858047201.jpg

吸い込み口はこんな感じ
858047205.jpg

この商品の使う時のイメージは、通常通りの延長パイプの先
858047206.jpg

と言う事で、これと類似品をイオンで見かけたので作ってみたのがコレ!
nanam-eue-yoko.JPG
イオンでは300円弱で買えました。
ue-mae.JPG

ue-usiro.JPG

裏面
ura-yoko.JPG

ポイントは吸い込み口のココ、ニトリの商品をご覧頂くと分かるように、格子状の細かな網目とブラシが一体になった部品になっている為、ニッパーなどでカットして、ひとつの大きな吸い込み口になるよう加工します。こうしないと、直ぐに毛で目詰まりしてしまいます。
ura-mae.JPG

あとは、自宅の掃除機から延長パイプを取り外した状態にして、径に合うようビニールテープを巻いて調整します。完成したら掃除機のAの部分に挿して、手軽に使用できるようになります。
mc-pb5c-w_530434.jpg

使ってみると非情に良好で、ブラッシングしながら直ぐに吸い取られる為、ブラッシングだけをするのとは比較にならない程、舞い上がる毛や、自分の服に付く毛を防ぐ事が出来ます。


※ かなり吸い込む際の音が大きい為、ペットによっては怖がる可能性があります、また、してあげる際には、抱っこして優しくしてあげて下さい。

※ 掃除機だけをベランダに出して、とか、掃除機だけを部屋内に入れてベランダなどで作業すると、掃除機の音も小さくなり、ペットも安心すると思います。

以上、これを作っておけば、春の換毛期、夏の汗びっしょりのブラッシング、秋の換毛期も楽になる事請け合い! お試しあれ。

スポンサードリンク


posted by これ!使おう at 12:07 | アイデア(idea) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページのトップへ戻る


< お昼寝中なの・・・
sumaho.JPG
<娘は夢の中>