2017年05月27日

安倍政権が国民生活を見る能力が無い事が分かった、プレミアムフライデーの実態がこう!

この所の政治関連のニュースには呆れ返ってる。

全くの首相回りだけの私意的な事情が発端のような、森友学園や加計学園問題の内容を知って行くと、元来、人の良さそうな菅内閣官房長官などは、どう今の状況を思っているのだろうか? 

まさに、今の日本の政治、政治家には

李下に冠を正さず
【読み】 りかにかんむりをたださず
【意味】 李下に冠を正さずとは、誤解を招くような行動はすべきではないといういましめ。

瓜田に履を納れず
【読み】 かでんにくつをいれず
【意味】 瓜田に履を納れずとは、疑念を招くような行為は避けよといういましめ。
【瓜田に履を納れずの解説】
【注釈】 瓜畑で靴が脱げても、ウリを盗むのかと疑われる恐れがあるので、かがんで靴を履き直すようなことはすべきではないということから。
「履を納れず」は、靴に足を入れるという意味。
--故事ことわざ辞典--


恥を知らない政治家の、こう言う醜態を見せられると、安倍政権がやって来た事、今やっている事、やろうとしている事が、本当に正しいのか?と言う所に行き着く。

更に、物事は一事が万事で、やって来た事、今やっている事、やろうとしている事の大事に比べれば、小さな事と思われるものでさへ、本当に正しいのか?と言う所にも行き着く。

そんな事例の結果が、アンケート結果としてネットニュースに出ていたけれど、これって普通の社会人なら最初から予想できた結果と同じ筈。

これまで何回「プレミアムフライデーだった?」 
1000人アンケートの9割が「1度もない」


【コメント抜粋】
「夜勤の人とかの気持ちガン無視だよねw  こんな事にいくら税金つぎ込んでPRしたのかしらんけど腹が立つ以前にポカーンですわ」

「上級国民専用行事だっけか金持ちコネ持ちは早退して底辺サービス業にお金落とそうってやつだったな」

「交代勤務っていう一番生活に近い分野を視野に入れてないあたり脳みそ入って無さ感がすごい」

「あんなもんは、世間知らずの坊ちゃん閣僚共の妄想。 社会常識があれば、せめて月末ではなく月初にしたはず。」

「プレミアムフライデーを発案した奴らと、企画した部署、 世間知らずの馬鹿集団だと思ったわ。でもこれって政府の企画なんだろ?」




こうなると、

『政府が「キッズウィーク」という新たな大型連休を創設し、来年4月からの実施を目指す方針を固めたことがわかった』

これも、森友学園や加計学園問題と一事が万事で、財界の仲良し経営者の思いが元になっていないか? 発想の出所が気になるし、安い時給で働く労働者の多い今の日本において、遊興費をそうそう使えない、使う事ができない国民、世帯がある実態を考えているのだろうか?

『上級国民専用行事』、『世間知らずの坊ちゃん閣僚共の妄想』と言うアンケート結果が、また出てきそうな予感。


スポンサードリンク


posted by これ!使おう at 10:09 | 政治・雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページのトップへ戻る


< お昼寝中なの・・・
sumaho.JPG
<娘は夢の中>