最新の記事

2017年05月04日

フォーミュラE(電気自動車)を、見る事無くバク宙で飛び越えるスタントマンが凄い!

世の中には怖い、恐ろしい職業を生業(なりわい)としている人は居るもので、先日テレビで見た、とび職もそのひとつ。普通の神経では、あれほどの高所で仕事が出きるものではないと、つくづく思う職業。

もっと特殊な危険な職業としてはスタントマン

その世界は知らないけれど、スタントマンのプロ根性として、たぶん、それしちゃダメだろ! と言うことをするのが、やるのがスタントマンなのだろうと思うけれど、今回、なにげなくYouTubeで見たスタントは、これと同じこと世界のスタントマンの中で何人できるだろうと言う超神業。


それが、立った姿勢で、後ろから時速100キロで走って来る電動自動車のF1版とも言えるレーシングカー『フォーミュラE』を後ろに一回転しながら飛び越える荒業。

『フォーミュラE』を調べると、動力性能的には、F1マシンでは無く、F3マシンと同等レベルなのだそう、それでも0-100km/h加速は2.9秒、そしてその特徴が走る際の静かさ、F1やF3のように爆音を上げながら走る車とは全くの別物。

余計な話は置いといて、その問題のバク宙による飛び越える動画がこれ!


タイミングや、ジャンプの高さが足りなければ、どうなるか直ぐに想像できる危険なスタント。

この勇気があるのを超越したスタントをしているのが、ダミアン・ウォルターズ(Damien Walters、1982年4月6日生まれ )35歳、元はイギリスのトランポリン選手の経歴を持つ男性。
選手時代の成績(Wikipedia参照)
2001年 世界トランポリン競技選手権(2001 TWC)団体4位
2003年 世界トランポリン競技選手権(2003 TWC)個人5位、団体1位
2004年 全英シニア 個人1位
2005年 世界トランポリン競技選手権(2005 TWC)個人5位
2005年 ワールドゲームズ 個人5位
2005年 ワールドカップシリーズ・オステンド大会 個人1位
2007年 全英タンブリング・アクロ選手権(British Tumbling and Acro Championships)個人1位
2007年 世界トランポリン競技選手権(2007 TWC)団体4位

静かに走って来る車を直接見ずに行っている関係上、時速100キロで走行して来るタイミングを時間だけを頼りにジャンプしているのだとか、恐ろしい〜!!

彼のスタントを見ていると、まぁこの人ならやれかも!? と思ってしまう超人さ。


2015年版のスタントは更に凄い、鳥人だ!


こちら映画でのスタントシーン、コレ見たらジャッキーチェンの全盛期も霞むキレの良さ!


見ていると、基本的に跳躍力そのものが半端無い


スポンサードリンク


【エンタメ全般、関連動画の最新記事】
posted by これつか at 23:36 | エンタメ全般、関連動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページのトップへ戻る


< 遊ぼうよ!
sumaho.JPG
<MIKOの懐かしい写真>