<最近の記事>


2016年11月13日

そのデザインカッコ良くないか! トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)

本来、「瑞風」は「ずいふう」と読み、日本の伝統芸能、能楽(のうがく)の、天性の力から出た風体。生得のすぐれた芸風。を指すのだそう。・・・意味が今ひとつ分かりましゃえん!

「瑞風」を「みずかぜ」と読ませる所が上手い! 直ぐに爽やかとイメージした所、この車両の説明が次のように・・・・これは読み方のイメージ通り。

『「瑞風」とは「みずみずしい風」のことで、「吉兆をあらわすめでたい風」という意味を併せ持つ。 また、稲穂が豊かに実る日本の美称として「瑞穂の国」があるが、そこに新しい「トワイライトエクスプレス」という風が幸せを運んでくる、という情景をイメージしている。』

高貴な雰囲気の濃い緑の車体は、デザインもレトロチックでカッコいい!ちょっとJR九州の「ゆふいんの森号」にも似てる気が・・・・?


これが「ゆふいんの森号」、今でも十分素敵なデザインと車体の緑が沿線風景に映えます。


TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレス みずかぜ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が2017年春から運行する予定の周遊型の臨時寝台列車で、京阪神地区から山陰、山陽エリアで運行され、沿線での立ち寄り観光を目的としています。

それではいっぱい、「瑞風」を動画で見てみましょう!


雨に濡れた「瑞風」、重厚な感じで高級感が増してます。


ライトはLEDなのでしょう、京都駅への初入線


大阪駅へ初入線


鳥取県米子市・・・米子駅  普通の電車と比べれば 別物感がハンパ無い




もうこんな運行予定まで

山陽コース(下り)1泊2日
1日目: 京都駅・大阪駅 → 倉敷駅 → (車中泊)
2日目:(車内泊)→ 岩国駅[注 1] → 下関駅

山陽コース(上り)1泊2日
1日目: 下関駅 → 宮島口駅 → (車中泊)
2日目:(車内泊)→朝に呉線を折り返し(※三原駅→広駅→三原駅)[7]→ 尾道駅 → 大阪駅・京都駅

山陰コース(下り)1泊2日
1日目: 大阪駅・京都駅 → 城崎温泉駅 → (車中泊)
2日目:(車内泊)→ 東萩駅・萩駅[9] → 下関駅

山陰コース(上り)1泊2日
1日目: 下関駅 → 出雲市駅 → (車中泊)
2日目:(車内泊)→朝に伯備線を折り返し(※伯耆大山駅→岸本駅→伯耆大山駅)[8]→鳥取駅 → 京都駅・大阪駅
※冬季は伯耆大山駅から江尾駅の折り返し運行
                              
山陽・山陰コース(周遊)2泊3日
1日目: 京都駅・大阪駅 → 岡山駅 → (車中泊)
2日目:(車内泊)→ 宍道駅・松江駅 → (車中泊)
3日目:(車内泊)→朝に伯備線を折り返し(※伯耆大山駅→岸本駅→伯耆大山駅)[8]→ 東浜駅 → 京都駅
※冬季は伯耆大山駅から江尾駅の折り返し運行 


スポンサードリンク


【道具&製品&サービスの最新記事】
posted by これ!使おう at 01:34 | 道具&製品&サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページのトップへ戻る


< お昼寝中なの・・・
sumaho.JPG
<娘は夢の中>